2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.06.15 (Fri)

法的相談

工事をストップしたものの途方に暮れています。
まずはS社の現場監督さんと現場にて 話をしたいです。
電話ではだいたいのことは話しましたが
強度には問題がないので、、、といわれ話が進まない。
気になる箇所、補修して欲しい箇所を現場で
説明を受けながら考える。。ということがしたいです。

本音を言えば1からやり直して欲しいぐらいですが
欠陥ではなく強度や耐久性に問題がないのであれば
現時点で気になるところを補修、今後は丁寧にやってくれるように
お願いするしかないのかなと思っています。

それを断られたら。。。どうしよう。
最悪の場合「解約」という2文字も浮かびます。
でもそこで違約金やらなにやらとなると
予算ギリギリでケチケチでプランしてきた我が家です。
マイホーム自体を諦めなければならなくなりそうです。

ここまで随分ケチケチでやってきましたが、
一度も値切ったりサービスしてほしいということを
こちらからいったことはありませんでした。
それで肝心なところを削られ手を抜かれた、なんて話も
聞いたこともあったし
性格上 安くしてよ~とか絶対いえないタイプなので。。

それなのに。。。
値切ってもないのに キッチリとって手抜きって!!(怒)

現在、ベースの木枠ははずされたのでガタガタのコンクリートが現れています。
打ちたてとは思えないほどすでにヒビだらけ&思いきり欠けている箇所も。。
所々には木枠をおさえていたと思われる鉄筋がそのまま
半分さらされたような状態でコンクリと固まっています。
ここからサビが入ったらよくないんじゃ。。。
上からモルタル重ねて補修とか、どうにかできないのでしょうか?

そんな状態のベースの上には立ち上がりの木枠が
コンクリートが流し込まれるのを待って組まれています。
木枠が組まれると鉄筋のゆがみがより明らかに。。
木枠に寄ったり離れたり グニャグニャとみるからに危なっかしい。。
かぶり厚さ、、、薄い所では2.7cm。
図面では最低6cmになってますが。

鉄筋の先端は結束線(細い針金のようなもの)で巻いて止めてあるのですが
もうすでに何箇所かはずれて抜けてます。
引っ掛けようと思いましたが もう届きません。
木枠を組む時にちょっと動いてもう届かなくなってしまったよう。。

「人間のやることだから誤差はしょうがない」
でも、今からこんな調子では
誤差が誤差をうんでいずれ大きな欠陥になることもありえるのでは?

それに加えて汚い現場だもの。
この言い訳も「人間だから」なのかしら。。

これだけ不安な点がありますが
欠陥じゃないし 強度にも影響がないって、本当なのか?
100歩譲って、きっちり手間かけてやった場合と
まったくまったくまったくまったく
強度が変わらないのならいいのかもしれないけど。

でもどうせ見えなくなるところでも、真っ直ぐであるべきところは
真っ直ぐであってほしいんです!
それを願っているだけです。
それが不安だっていうのなら 不安を解消する為に
親身になって答えてくれるのが パートナーであるS社の役目だと思うのですが。

1から直せというのは厳しいですから 
そこまでいうつもりはありません。
うまく補強をしてくれるとか・・
気持ちに答えてくれるなんらかのアクションをしてほしいわけです。
ただでさえ見積もり書の件で信頼関係不安定なのに。

またあわててネットにて情報収集。。。掲示板へのかきこみ。
片っ端から相談を聞いてくれそうなところに電話もしました。

対処方法や、今後どんな選択肢があるのかなどなど。。

住宅紛争処理センター、弁護士住宅紛争なんとか、、
社団法人なんとか建築設計、日本建築家協会、
○○弁護士相談、 法テラス、なんとか建築連合会、
欠陥住宅なんとかかんとか。。。

意外といっぱいあるものですね。
みんな似たような名前が多かったり、、 
まだまだいっぱい、20件以上かけたはず。
場違いな所にかけて そこで数件紹介してもらったりもしました。
結構みんな親切です。
かけているうちに 紹介、紹介で
同じ所に何度かかけてしまっていたかもわかりません(^^;)

建築関係と弁護士はやっぱり言う事が全然違います。
かぶり厚さが~云々の話しは建築関係の方には
「それは足りないね」とか言ってもらえますが
解約となると違約金が~の話になり
「それは弁護士さんに・・・」という感じです。
逆に弁護士さんは建築の話はあまり意味がなさそうで
「約款ではそうなってますか?」という風に。
もう、建築士さんと弁護士さんと同時に話したいわ!と思いました。

結論をいうならまず
それらの雑&手抜きの仕事は プロが見ても施工誤差の範囲なのか
やっぱりプロに現場を見てもらうこと。
少し前の段階ではMさんに見てもらってますが。。

そして解約の場合、違約金のこともあるけれど
それ以外の部分は出来高清算になるようで
それは相手が提示してくるらしく
それが妥当かどうかは引き継ぐ建築業者などに
見てもらうとか、、、そんな感じらしい。

えー、そんなんでいいの?折り合いつけるの大変そう。
超前途多難になりそうです。


スポンサーサイト

テーマ : 家作り日記 ジャンル : ライフ

EDIT  |  04:06  |  [トラブル編]着工~基礎  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。