2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.12.27 (Thu)

雨樋の色

打ち合わせの時に輸入建材のカタログをパラパラと見ていて
ふと、目についた雨樋。
うちの雨樋はアルミなんですか?樹脂ですか?という質問から始まって
色は白ですよね?と聞いたらブラウンだということがわかりました。

確かに雨樋について話したことはなかったけど
私の中でのイメージは完全に白でした。
輸入住宅と言えば窓の周りが白で
それに合わせて雨樋や縁取り関係は全て白のイメージだったんです。
そこがまたデコラティブ~!!で、まさに輸入住宅らしいな、と。

でも社長さんの中では、壁や屋根と同系色と考えていたよう。
もしや??とおもって屋根の縁周りの色も確認したら
やっぱりかなり濃いめのブラウンでした。

輸入住宅でも屋根から雨樋まで壁と同系色で揃えている家もありますし
それはそれで重厚感があって、シックな、大人っぽい印象なのですが
ウチのイメージはモカのスタッコに白い縁取りが映える
リゾート風のイメージなのです。

たまたまカタログの雨樋が目について素材を確認しなかったら
こんなことは発覚せずに、取り付けられたものを見てから
「えええ~~~??」となっていたはず。
取り付け前に気がついてよかったです。
これでウチの屋根縁周りと雨樋が白に変更されました。
他にはもうなければ良いのですが。。

素人にはいわれないと気がつかない部分でも
イメージや使い勝手に大きく作用する部分って
意外と隠れているものなんですね。

やっぱり何でも聞いてみること、
現場にこまめに足を運んで、気になったことは早めに!というのが大事ですね。
引き渡しまで、やっぱり気が抜けないなぁ、と思った瞬間でした。

最初は建売でもいいや~と思っていたし
解約したS社の時はここまでこだわっていなくてお任せ状態でした。
そう考えるとこだわりが詰まってパワーアップした
この家の完成はとてもとても楽しみです。

スポンサーサイト

テーマ : 家作り日記 ジャンル : ライフ

EDIT  |  02:44  |  [打ち合わせ]外部仕様  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。